製造工程

平尾のあげが出来るまで

1水漬
大豆をよく洗い、ミネラルたっぷりの地下水に漬けて一晩おきます。

2磨砕
水を加えながら大豆をすり潰します。
豆腐と油あげでは粒の大きさと水の量を変えています。

3釜煮・加熱
釜でグツグツと煮ます。煮えたら、水を加えて70℃まで下げます。
温度が高いと、空気が逃げて油あげが膨らみません。

4絞り・濾過分離
釜で煮たものを、ギュッと絞ると豆乳とおからの出来上がりです。

5凝固
豆乳に凝固剤を入れ、まんべんなくかき混ぜます。
温度、力加減、煮込みの状態によって凝固の仕方が変わるので、変化を見極めます。

6型入れ・成形
固まってきたら型箱に入れます。重しを乗せ、水を切ります。
水を切ること約1時間、やっと形になります。ここからまた生地を乾かします。

7二度揚げ
110℃の低温でじっくりと生地を伸ばします。2倍くらいに膨れます。
次に、200℃の高温でカリッと焦げ目がつくまで揚げます。 二度揚げに30分以上かけることで、中はふっくら、外はカリッと美味しい油あげが出来上がります。

8完成
最後に油を切り、冷却・乾燥して平尾のあげの完成です。
あとは、お醤油をかけて食べるだけです。

当店では不定期ですが、豆腐作り体験イベント等も行っております。
イベント情報お問い合わせ等でご確認下さい。