平尾豆富とは

平尾豆富の歴史

鳥取市のはずれの田舎にある小さなとうふ屋。
創業は昭和32年。頑固な祖父、至史と愛嬌ある祖母、ユリ子によって一丁一丁ていねいにとうふ作りに励んできました。
現在は二代目、孫の隆久によって伝統の味を守りながら、試行錯誤し、自分なりのとうふ作りにも日々挑戦しています。
とうふは、豆と水とにがりでできています。簡単なようですが、日々の気候や煮える温度が少し変化しても味が大きく変わります。同じとうふに出会うことはありません。
しかし、手作りには手作りの良さもあります。その時の豆や温度の状態を見極め、手にとって感じながらていねいに作ります。
小さなお店ですが、味にこだわり、お客様の食卓に並んで食べる所までを想像しながら、とうふ作りに向き合っていきたいと考えています。

平尾豆富のこだわり

平尾とうふは、想いを込めたとうふ作りを大切にしています。
自然豊かな河原町の地下水を使用し、大豆は産地を決めず、その時期にあった大豆を使用しています。
大豆本来の味を引き出すため、それぞれの豆腐に合った温度、濃度、加水量などを変えて豆乳作りをしています。
一丁、一枚に手間を惜しまず作るため生産量も限られていますが、なるべくその日作ったとうふをその日の食卓で美味しく食べてもらいたいからなのです。